2019年6月28日金曜日

念願の上級コースの集い、出来ました

6/23(土)に上級コースで私がリードした15チーム横断の集いをしました。
これは去年の年末、最初にリードしたリカオンチームのふじまりとランチした時にポロリと出た本音から始まりました。

当たり前だけど、私は9人×15チームの全員を知っているけれど、みんなは他のチームの人をあまり知らないんだよね。それがとってももったいない。みんな個性的でリソースフルで、繋がったらいろんなことが生まれる気がして仕方ない。

そんな本音のつぶやきから、じゃあやってみよう!と動きだしました。リカオンの広美ちゃんとみわにゃんも巻き込んで、半年以上毎月打ち合わせしてきたけれど、その時間も楽しかった。そんな風にわくわくしながら準備したものは上手くいかないはずがない。いろんな案を考え尽くして、最後はとってもシンプルな会にしました。

一次会は16:00〜17:30、ワークショップ会場で35人が集まりしらふで語りあいました。


CPCCのコーチの集まりだから、お互いの話をよく聞いてくれて、話しやすい♪



二次会は18:00〜20:00、近くのレストランを貸切で、自由に語りあいました。


人が出会い、語り、繋がっていく。幸せな時間でした。

2019年6月27日木曜日

CLE3日間ワークショップに参加して

6/18-20と御殿場でリーダーシップのプログラムを合宿形式で受講してきました。

CLE ( Co-Active Leadership Experience )というもので、既にUSではリリースされています。
今回はUSからサムとホープというシニアなリーダーが来てくれて、受講者は日本人だけでなく中国やシンガポールからオールアジアのファカルティが集まり、アジアで開催するために体験しました。

リーダーシップのあり方を、①内から、②前から、③後ろから、④横から、⑤フィールドから、と意識を変えて捉えていきます。(順番はないです。便宜的につけただけ)
いろんな気づきがありましたが、やはり①内から、つまり「自分の願い」がないと何も始まらないのだなと実感しました。

帰って来てからも「私の願いは何か?」「私はどうしたいのか?」という問いを持ち続けています。いい感じです。

シンガポールのリーダーとはいろんな話を聞いては懐かしく思い出していました。新しいつながりも生まれて、学びも深まり、そして食事も美味しく、豊かな3日間でした。


2019年6月22日土曜日

CTIジャパン 応用コースのリード卒業しました

少し前になりますが、6/14〜16のフルフィルメントコースで
 CTIジャパンの公開コースのリードを完了しました。

2007年10年に初めてリードしてから、何と足かけ13年もさせてもらい
企業コースも含めると159回目のリードでした。

フルフィルメントとは、人が生き生きと自分らしく生きている状態
あなたは何者なの?
あなたはどうなっていくの?

直球ど真ん中を真っ直ぐに問うていくフルフィルメントコーチングが大好きで
フルフィルメントコースでデビューして
フルフィルメントコースで完了しました。


         ファカルティが花束を持ってお祝いに来てくれました。
               私の大好きなヒマワリ

コースリードは幸せな仕事です。
コーチングを学びに来た人たちが、コーチングスキルを学ぶにとどまらず、
相手を信頼して関わり、ベストを尽くした結果、お互いに一皮も二皮も
むけていく、その姿に立ち会うことが出来るんです。

人の可能性を目の当たりにさせてもらえる仕事です。

本当に感謝しかありません。

今後は、プロフェッショナルを目指す上級コースの仕事と、企業コースのリードは
続けながら、より現場に近いところで信頼関係を創っていく関わりを求めているところに
自分を使っていきたいと思っています。

市民農園 ー秋ー

すっかり間が空いてしまいました。 感動のウィンブルドンのことアップしたら、力尽きてしまった感があり、、、 またここから少しずつ日々のことを投稿していきたいと思います。 5月に市民農園を始めたことを書きそれっきりになっていましたが、 実はとってもハマっていて、ちょいちょ...