2020年8月16日日曜日

半沢直樹を観て、銀行員の長男との会話

連日暑いですね、7月の長雨で「早くカーッと晴れて欲しい!」と願い過ぎたのかなと思ってみたりしています。

昨日、結婚した長男が実家に置いておいた釣り道具を取りに帰ってきました。
埃をかぶった釣り道具を整理しながら
「半沢観てる?」と聞いてきました。
「うん、観てるよ。」と答えながら、銀行で営業している長男には現実離れしているのかな、などと勘ぐっていると
「あんな風に仕事したいな。」とポツリ。
「えっ!?」その真意がわからず、思わず出た声。
「お客のためにあそこまで真剣になれたらいい。」と言葉が継がれました。

同じ業界で仕事してて「半沢直樹」を観てそんなこと思っているのかと、
ちょっと胸が熱くなりました。

決して器用じゃないけれど正直な長男、生きにくいのかもしれないけれど、
このままでいて欲しいなと思ったひと時でした。


                   半沢直樹2

父が亡くなった後で、知ったこと

 すっかりご無沙汰してしまいました。 昨年の10月10日に父がリビングで転んで、ベランダに出るガラス扉の角で頭を切り、  救急車で運ばれて、そのまま入院しました。傷もよくなり、容態が安定したと思ってた   11月15日(土)朝、容態が急変して亡くなりました。 先日四十九日も過ぎて...