2019年3月16日土曜日

確定申告、無事終了!

大変ご無沙汰してしまいました。

昨年後半から仕事が忙しくなり、嬉しい悲鳴をあげていました。
それなのに、毎年自力で確定申告をしている私、
「今年はやばいかも!間に合わないかも!」というのに気づくのが遅く
もう今更人には頼めない状態になり、この2週間くらいかなり必死でした。

それでも「千里の道も一歩から」
永遠に到達しないかと思われたゴールも
着々と経費入力等を進めていけば、やがて見えてくるのです。
こういうところが案外好きなのもあり、人に任せられない私です。

でも本日、確定申告最終日に無事に提出してきました。


11時過ぎに到着したのですが、提出する人の列は5人くらいしか並んでなくて
係りの人の方が多いのであっという間に順番が来て、5分くらいで終わってしまいました。
案外最終日は空いているのね。(これに味を占めないようにしないと)

来年はもっと早く提出できるように段取りすることを、ここに誓います!

実は確定申告の目途が立ったこともあり、昨日は調布市主催の
「調布繁盛店の人材育成」という題で、
<い志井>の石井宏治社長 × <猿田彦珈琲>の大塚朝之社長の
パネルディスカッションを聞きに行っていました。


たづくりの200名の会場が満席でした。すごい人気!
入ったらコーヒーのいい香り♡
猿田彦珈琲がサービスで配られていました。美味しい♡うれしい♡
私はスタバにもよく行くけれど、焙煎が濃いのかな、私はもっと軽いのが好きで
猿田彦珈琲は美味しい。日本人の口に合うんだと思います。

「店長が楽しそうに仕事しているお店は間違いなく繁盛する」
と石井社長がおっしゃっていました。なるほどなぁ~
そういう店長に育てるにはどうしたらいいのか、と当然の質問があり
「コミュニケーションが大事なので、飲みに行くようにしている。」とのことでしたが
その場で何を話すか、そこに大事な鍵があるのではないかと思っています。
そして、それこそ人に寄るところでマニュアルにしにくいところなのでしょうね。

やっと確定申告から解放されたので、少しずつブログも書いていこうと思います。

2019年1月28日月曜日

京都の宿泊先での幸運♪

今年最初の出張は京都でした。

同行者が先にホテルを予約していたので、後から私も言われたホテルを予約したので
どんなホテルかわかっていませんでした。(他人任せな私)

着いてみると、東本願寺の真向かいにあり、駅前の喧騒を抜けて静かなところ。

フロントで受付しているとお香のいい匂いが♡
なんか京都っぽくて嬉しい、と思いながら部屋に入りました。

すると・・・



えっ?
広い!!!
どうして????

よくわからず、ドキドキしていたら、TVの前にカードを発見!

To Yuko Ueda

開けてみたら、コーチ仲間からのメッセージ!
え~?どうして?なぜ?
と思い混乱していたら携帯にメッセージが入りました。

このホテルの開業前からコンサルとして関わっていたそうで
「植田裕子」の名前で予約が入り、同姓同名やんと思ったら
メールアドレスも同じ!ということで、サービスしてくれていました。

温泉も広くて、とっても快適に夜を過ごし、朝カーテンを開けたら


なんと真正面に東本願寺!

窓に近寄ってみると、こんなに近くて、感動しまくり!

仕事は四条烏丸の方だったのですが、夜はこんな静かなところで心穏やかに過ごせて
京都を堪能しました。(観光した訳ではないのだけれど)

朝食もどれも美味しくて、デザートも充実しているため、連日食べ過ぎてしまったのですが、中でもシェフ手作りのオムレツが逸品でした。

ホテルkuu
http://hotelkuu.jp/

京都に行く機会があれば、ぜひ泊まってみてください♪
観光とセットなら、日中も夜も京都を満喫できること間違いなし!
もちろん全室この眺望ではありません。
それでも、フロントのお香の匂いに始まり、清潔感溢れるお部屋、お風呂、充実しまくりの朝食(夕食はホテルで食べていないのでわからないのです)と五感で京都を堪能できたので、また泊まりたいです。


2019年1月15日火曜日

祝!次男の成人式

今日は次男の成人式でした。

数日前、マンションの次男と同級生の女の子から、
「成人式の日に、小1の時と同じように写真撮ろうよ」と連絡がありました。

私もすっかり忘れていたのですが、小1の4月、登校前にマンションの前で
みんな揃って写真を撮っていました。

2005年4月(次男は向かって左端)

成人式。
次男は小学校4年から中学1年までシンガポールに行っていたので
小学校も卒業していないし、中学校は途中転入だし、地元の友人とも
そんなに繋がりもなく、成人式に行くのどうしようかなぁ~
と言っていたのですが、この誘いで行く気にもなってくれました。

今朝、市の成人式の前にマンションの前で同じ並びで写真を撮りました。

2019年1月14日(次男は向かって左端)      
マンションの7人の同級生が、14年経ってもみんな住んでいて
写真撮るよという呼びかけにちゃんとみんな出て来てくれて、
ほっこり幸せを感じました。

女の子は華やかで、本当にかわいらしい♪
息子たちは添え物ですが、いい記念になりました。




2019年1月1日火曜日

明けましておめでとうございます!

2019年が始まりました。あなたは、どんな1年にしたいですか?

私は昨年、特に後半忙しく、走り抜けた一年だったなぁ~と感じています。
とても貴重な経験をさせてもらう機会をたくさんいただき心から感謝しています。
そして、そこから得たものが本当に大きかったです。
コーチングというカタチのないものを提供している私にとって、コーチングのよさ、効果を人に伝えられるだけの言葉がないことがとってももどかしかったのですが、去年の経験でだいぶ実感地を伴った言葉になってきた実感があります。

今年は、これを踏まえて届けたいところに届くように自分から動いていきたいと思いますし、さらにいいものにするために深く探究していきたいと思っています。

2019年の意図を一文字で表すなら「探」

年末に意図にそって振りかえれるようにしたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。


2018年11月18日日曜日

「無料でコーチング受けたいなと思って」

先日、社会人4年目で会社の寮で一人暮らしをしている長男からラインで

「今週末の予定は?」と来たので、どうしたのかと思ったら
「無料でコーチング受けたいなと思って」という返信。

あら、どういう風の吹き回しかしらと思いつつ
嬉しくてにんまりしてしまう私。

週末泊まりに来て、日曜日の午前中に1時間半くらい話しました。

最初に話していたところとはずいぶん違う出口に来ましたが
「そうそう、こういう話をしたかったの。」
と最後に言っていました。

社会人4年目って、こういう話をするのにいいタイミングなんだなぁ~
とあらためて実感しました。

社会人になり3年経って、一通りの仕事が出来るようになり
後輩も出来て、一人前になった感じがする時期。
同時に、ここからどうしていこうかと一旦立ち止まり考えるタイミングでも
あると思いました。

自分の夢、ビジョン
自分の強み、弱み、
自分の進みたい方向
自分の大事にしたいこと

わかっているようで、自分のこと案外わかってなくて、
そのことにぼんやり気づく時期なのでしょう。

こんな時に、ただ好奇心をもって話を聞いてくれる人が傍にいれば、
話しながら自分の思いに気づいていくことが出来るのだと思いました。

丸3年経った社員向けの研修、ニーズに合ったものが出来そうな気がする♪

2018年10月20日土曜日

サンプルセッションの感想

先日、サンプルセッションを終えたクライアントさんが言った

「自分には、軸がないと思っていたけれど、軸がない訳じゃない。
 探究してなかっただけ」※

という一言がとても印象的でした。

そして、たくさんのクライアントさんと接してきて
コーチとしては、それはとても実感のある言葉です。

コーチングという場を持つまでは、
「本当は自分はどう思っているんだろう?」
「本当の自分はどうしたいんだろう?」
というようなことを、じっくり探究する機会がありません。

日々忙しく、自分自身に向き合う時間も心の余裕もないことが多いのです。

そのため「自分には軸がないのではないか」と不安に思うクライアントさんも
多いのですが、決して、決してそんなことはありません。

じっくり話をしていくうちに、その人が大事にしていることを話だすと
声が響きだし、本来のその人が立ち現れてきます。

それは、安心できる環境で、好奇心を向けられながら話すことで
自分のコア(中心)に触れることが出来るという感じです。

その自分に触れて、自分の大事にしていることが分かってくると
自分のことを信じられる、自分を肯定できるようになります。
「好き」というより「受け入れる」「そのままを認められる」
という感覚でしょうか。

そんな瞬間に立ち会えるのはコーチ冥利に尽きます。
何年やっても飽きないどころか、ますます惹かれている今日この頃です。

※コメントはクライアントの許可を頂いて掲載しています。

写真:福岡県糸島市 桜井二見ケ浦(夫婦岩)






2018年10月2日火曜日

ノーベル賞の本庶さんのコメント

昨日の夜は本庶さんのノーベル生理学・医学賞の受賞のニュースを見ていました。

経歴や今をときめく「オプジーボ」の薬のことも知る機会になりましたが
本庶さんのエピソードが流れた時に、ぐぐっと惹きつけられました。

「何が出来るか」に逃げずに、
「何を知りたいか」をぶれずに持ち続けることが何より大事

という言葉が印象に残りました。

ついつい「何が出来るか」役割や成果を期待されて、
そこに意識がいってしまうけれど
自分が「何を知りたいか」の軸をぶれずに持ち続けることが、
自分の辿り着きたいところに行ける大事なところなのだと思いました。

コーチングをしていても同じことを感じます。
ついつい思考は「どうしたらいいか」「何が出来るか」のhowに意識がいってしまいますが
「どうしたいのか」「どうなりたいのか」というwhatを持ち続けることが
その人の軸となり、結果行動につながっていきます。


分かっていても簡単ではないのも実感しています。
だからこそ、コーチングのように自分を内省する時間を持ち、
ぶれない軸を探究する時間が必要なんだと思います。

確定申告、無事終了!

大変ご無沙汰してしまいました。 昨年後半から仕事が忙しくなり、嬉しい悲鳴をあげていました。 それなのに、毎年自力で確定申告をしている私、 「今年はやばいかも!間に合わないかも!」というのに気づくのが遅く もう今更人には頼めない状態になり、この2週間くらいかなり必死でした...