2021年7月20日火曜日

「本音を口に出せる場」は案外少ない

大変ご無沙汰してしまいました。忙しさにかまけていました(反省)

 

最近、コーチングをしていても、コーチングを教えていても、強く感じることがあります。

 

あらためて、


人は自分の話に心から耳を傾けてくれる人の存在を心の奥底で欲している

そういう人の前で、やっと安心して本音が口に出せる



ということ。

 

その場さえ創ることができたら、人は自分の本当の思いを言葉にすることで、

やりたいことがあるなら、自然と足が前に出て行動に繋がっていく

その先の人生に変化が起きていく

 

そして、それ以上に大事なことは


自分が本当はこんな風に思っていたんだという自分についての発見があること

 

自分のことってわかっているようで、案外わかっていなくて、

そのために自分に自信がもてないことがあって

でも、どうやって自分を知ればいいのか、その方法が分からなくて

 

もうどうしていいかわからなすぎて、

人に相談して、思ってもいない意見を言われてしっくりこなくてさらに悩んだり(苦笑)

占いに依存してみたり(←昔の私)

 

そんな時にこそ、コーチングに触れて欲しい

 

人生に正解なんてないけれど、


「自分がどうしたいか」は自分が一番直感的にわかっている


それを安心で安全な場で言葉にして、自分の耳で聞いて、腹落ちして、行動して、自分の人生を動かしていく、そのためにコーチを使って欲しいと思います。

 

どんな人も唯一無二の自分らしく生きたいと願っています。

あなたもあなたの「自分らしく」を言葉にしてみませんか。


そんな言葉が聞ける時、私は心が震えるような無上の喜びがあります。

2 件のコメント:

  1. ゆうちゃん、
    まさにこれだ!今日のコーチングでこの青字の部分を心底感じました。私のような稚拙なコーチングでも「コーチングを通して自分自身について考えるようになったから、自分がこんなことを考えていたとあらためて気づいたから」と大きな変化を成し遂げた人に絶大なる祝福をしたいと思った一日でした。タイミングが凄すぎてびっくりです。

    返信削除
  2. わぁ、川さん、以心伝心で嬉しいです。コーチが何かしている訳じゃなく(してはいるんだけど)、ただ安心で安全な場をつくれたら、人は自分で語り気づいていくんですよね。私もこの瞬間が一番心震えます♡

    返信削除

「本音を口に出せる場」は案外少ない

大変ご無沙汰してしまいました。 忙しさにかまけていました(反省)   最近、コーチングをしていても、コーチングを教えていても、強く感じることがあります。   あらためて、 人は自分の話に心から耳を傾けてくれる人の存在を心の奥底で欲している そういう人の前で、やっと安心して本音が口...