2018年1月3日水曜日

コーチって、こんな存在!

今日いただいたクライアントさんのメールから引用させてもらいます。

「思っていたことが、1つひとつクリアになり、
身近な挑戦がこんなにも明確になりたい自分像に近づけるとは・・・
(中略)そして、清水の舞台ギリギリの所で身悶えしている私を
笑顔でチョン!と押していただいていた気分です」
(クライアントさんの許可をもらっています)

このメールは、コーチの役割がよく表れていると思います。

クライアントさんは「なりたい自分(ありたい自分)」を知っていて
本当はそうしたいし、そうありたいと願っている。
でも、今までと違う行動をすることに抵抗や躊躇があって
まさに「清水の舞台ギリギリの所で身悶えしている」んです。

その時、コーチが「せーの!」というだけで
クライアントさんは「えいっ!」と自分で踏み切り、飛びます!

本当に「せーの!」という存在なんだと思います。
「あなたのこと見ているよ!
 やりたいと思っているよね、出来るよ!
 やってみよう!
 せーの!」

そうして自分のこれまでの枠を飛び越えて自由になる
クライアントさんの立会人となれる
コーチって本当に幸せな仕事です(*^^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿

素晴らしい!日本!(名刺入れを落として思ったこと)

18日(金)に名刺入れを落としてしまいました。 真っ青になって、19日(土)から思い当たるJRと京王線の忘れ物窓口に 何度も電話で問い合わせましたが「残念ながら、該当する物はありません。」 という言葉が返ってきて、がっくりしていました。 21日(月)も再度電話しても見...